fc2ブログ

記事一覧

劇場版シティーハンター 天使の涙 感想(辛口気味)



2023年9月、実に前作から4年ぶりとなる劇場版シティーハンター天使の涙を無事に映画館で見れたのですが、ここからめっちゃ辛辣なことを書くのでまだ見ていない方はこのページを閉じていただくようにお願いいたします。

前作の感想は下記からご覧いただけます😊
【劇場版シティーハンター新宿プライベートアイズ 感想】


さて本編!忖度しない男!はっきり言う男の私、夢のゴムタイヤの本作の感想は・・・・。

前作の新宿プライベートアイズを見てからのその雰囲気とノリで本作を見に行ったら、予想していたより期待外れ、あんまり面白くなかったというのが本音です。

今回の依頼者が普通の人ではなくて、ハナから冴羽の命を狙っている暗殺部隊の女っていう所で、作中も前作より、えぐいというか血みどろな展開が中盤辺りから終盤まで続いており、私的なシティーハンターじゃない感じ、シティーハンターと言ったら、訳ありの依頼者を守って最後ハッピーエンドでEDテーマにGet Wildがかかって物語が締まる、そういう展開こそがシティーハンターだと私は思っているのですが、前作は20年ぶりの劇場版でありシティーハンターの最新作、王道を行くようなこれぞ!シティーハンター!と思うような内容で、前作はめっちゃ好きだし2回くらい見ても面白いと言える作品でしたが、今作、天使の涙・・・・う~ん、2回目は見ることはないなと思いました。

内容がシリアスで暗い雰囲気、前作がファミリー向けなら今作は完全に大人向けの内容でしたね。

シティーハンターってコメディとシリアスが半々に入っていて、両方の面を持つ主人公である冴羽獠が好きなんですが、今作は前作と違い明るさがあんまりない印象、依頼者が冴羽の素性を知っていて彼の命を狙うために依頼者のふりをして冴羽に近づいたり、血みどろの殺し合いの展開でなんかね、盛り上がりに欠けるんですわ。

作中のBGMとかもおっ!カッコいいな!ここが見せ場だな!とかこのシーンを見たいから何度でも映画館に行って見に来たいというほどの作品ではなかったです。

今作の物語のテーマであり、タイトルにもなっている【エンジェルダスト】とかいう💉関係の内容自体がすごく重くて、前作のプライベートアイズのノリで見に行ったら別のアニメ、別の作品を見ているくらい、ガラリとシティーハンターというアニメの印象が大きく変わるくらい。

それくらい内容が重くて、応援上映とかノリの良い作品とはとてもじゃないですが言い難いと言える内容になっていました。

う~ん・・・・私的にシティーハンターの最終章編ともいわれる今作のシリーズは私には全く合わなかったです。

Get Wildもなんでここの場面で流すのかと、とても悲しい終わり方なのに、事件は全く解決していないのに、重くて暗いラストを迎えたのに、いくら名曲のGet Wildを流されても、今一、なんだかなと、あんまり感動できなかったです。

ラストで続きがあるようなニュアンスとも取れる終わり方をしていたのですが、続きか、あっても私は見ないかな・・・・。

私の中のシティーハンターはこういうのじゃなくて、明快なんだよね。

そういう終わり方をしていないから、残念ですが本作品でシティーハンターへのモチベーションが激しく低下しました。

現在、映画館で上映中なので気になった方はぜひ、映画館へ行かれてみてはいかがでしょうか。

褒めるとしたら東京モノレールやJR貨物のシーンがたくさん撮りこめられていて、お台場とかも展開されていて、ラブライブ虹ヶ咲を見ていた私としては、別作品のシティーハンターで虹ヶ咲の舞台が見れるなんて、そういう点は良かったんじゃないかなと思いますね。

以上、4年ぶりの劇場版シティーハンターの辛口気味の感想でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢のゴムタイヤ

Author:夢のゴムタイヤ
好き→架空鉄道(妄想鉄)架空バス、貨物列車、Love Live! 、AZALEA、邪神ちゃんドロップキック、白い砂のアクアトープ、プリキュア

【通常記事は不定期更新】

【プリキュアの感想記事は日曜以降の夜に更新】