fc2ブログ

記事一覧

映画ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!! 感想

ここから先は劇場版のネタバレがありますので、まだ見ていない方、ネタバレはしたくないという方はここでページを閉じてください。



それでは劇場版の本編へ行きます。

序盤は花寺のどかちゃんが目が覚めたら東海道新幹線の車内で目が覚めて、眠っている間に見ていた、夢の内容から物語始まります。

東海道新幹線はN700系でしょうか、座席の再現度がめっちゃ高い!そして列車は東京駅に到着!東海道新幹線の東京駅の駅名標が輝かしい!

JR東海は協賛に入っていなかったけど、それでも列車と言い駅名標と言い、アニメだけど本物っぽい!スタッフ様の腕の見せ所と言いますか、素晴らしい👍👍

のどかちゃん、ちゆちー、ひなたちゃん、アスミ、ラテ様、ラビリン、ペギタン、ニャトランと、引率というか付き添いとして、のどかママンが来ていて東京駅で降りて東京駅の赤レンガをバックに東京に遊びに来ました~って言う感じになるんです。

この時の東京駅がめっちゃリアルに描かれていて要注目です!

鉄オタの私の視点として東海道新幹線の車内、東海道新幹線の東京駅ホーム、東京駅、この3点はかなり盛り上がりました!

ラブライブ!サンシャイン!!それに最近では、魔女見習いを探してでも登場して、それぞれのアニメを見ても描き方がね、上手いんだよ(^ω^)

ヒープリの聖地巡礼として新たに東京駅と東海道新幹線が追加されましたね!

のどかちゃんたちがなんで東京へ来たのかというと冒頭で述べた通り、のどかちゃんが小さい頃、まだ病院に入院してい時に、元気になったら美味しいものを食べて出かけたいって言っていたんだよね。

その東京駅の目の前で、ゆめアールというイベントが大々的に開催されていて、我修院博士が開発した、ゆめペンダントを身に着けたら自分が叶いたいと思っている夢が実現するという内容で、のどかちゃんたちはそのイベントへ参加するために念願の東京へ旅行に来ていました。

ゆめペンダントというのがかなり厄介!表向きは夢を叶えるペンダントという名目ですが、裏は、このペンダントで人の心に咲いている夢のつぼみというものを取り出せることが出来て、博士は、ある夢を叶えたいために、イベントを企画して大勢の人を一度に集めて夢のつぼみをたくさん集めるのが目的でした。

博士の夢は弱っているカグヤちゃんを助けたい、それには夢のつぼみが必要で、夢のつぼみを原料として奇跡の花が咲いたら願いが叶うと言われています(自分の脳内HDDでの記憶のため、うろ覚えの所があるのでご了承ください)

もうなんというか、壮大すぎて、新しい言葉がどんどん出てくるから記憶するのが大変。


ヒープリの本来は昨年の秋に公開される映画ですが、プリキュア5GOGOとのコラボも注目!ヒープリメンバーがピンチになったらプリキュア5のメンバー6人が空から舞い降りてきて、助けてくれるんだよね!

ドリーム、ルージュ、レモネード、ミント、アクア、ミルキィローズの6人がヒープリメンバーと共闘するのですが、どちらかというとヒープリメンバーに花を持たせるというか、要所、要所の肝心な部分ではヒープリメンバーが活躍して、プリキュア5メンバーはサポートする側に回っていたかなというのが印象でした。

プリキュア5GOGOファンの方、今回、メンバー6人セリフがめっちゃありますよ!それに見せ場もちゃんとあってその演出に唸らせてくれます(^ω^)

ココとナッツも出番があります!ブンビーさんもいるよ(ただしワンシーンのみ)

でもなんだろう、のどかママンが最大の見せ場じゃなかったかな、一番、ピンチの時に自分を犠牲にしてまで娘であるのどかちゃんを守るとか、親としての役目、親子愛、それも感じさせられたのも本作の特長でしょうか。

ただし、のどかパパは出番がありません・・・・セリフどころか登場すらしていません・・・・。

そもそもプリキュアは女の子向けだからね、仕方ないね(割り切りが早い)

結論から言うと最終的にエゴエゴとかいうブンビーさんの中の人が演じる敵キャラが倒されて、カグヤちゃんは助かって、博士とハッピーエンドになるんだよね。

あと春と言ったら桜のシーズンなのに劇中の背景に桜が咲いていない・・・・イチョウ並木がいい具合に色付けされている、そう、この映画の世界の季節は秋・・・・紅葉シーズン、仕方ないです、本来は秋に公開予定でしたから。

逆に昨年のヒープリ秋映画は、本来は春に公開予定で、公開された、季節は秋なのに桜が満開のシーンがありました(;^ω^)

劇場版の内容は以上になるけど、本来、春映画ってその年のプリキュアと昨年度のプリキュアが共演ってなっているけど、ヒープリが昨年、放送休止だったり劇場版も公開が延期されてしまい、その結果、今期のプリキュアであるトロピカルージュプリキュアは出番が少なめ、終盤で数分、出るくらいで終わりです(;^ω^)

トロプリは今回の物語に全く左右されていなくて、関係性もない、ただ、トロプリを出さないと春映画の意味がなくなるので本編が終わった、終盤で急遽、登場させてキュアグレースと関係を持たせたくらいでしょうか。

私的には昨年のヒープリ映画に続いて面白かったです、架空の街より東京とか実在する街が出ていた方が親近感がわいて面白いなと感じ始めました。

トロプリが出番が少なめというのは仕方がない気がする・・・・。

と言う事で映画ヒーリングっど♥プリキュア ゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!についての感想でした!
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

夢のゴムタイヤ

Author:夢のゴムタイヤ
好き→架空鉄道(妄想鉄)架空バス、貨物列車、Love Live! 、AZALEA、邪神ちゃんドロップキック、白い砂のアクアトープ、プリキュア

【通常記事は不定期更新】

【プリキュアの感想記事は日曜以降の夜に更新】