fc2ブログ

記事一覧

第210話 駅員バイト時代・Nさんの国鉄時代のお話し

この話は今から14年前だったかな、私が当時、学生で駅員バイトをしていた時のお話し、ちょうど私が専門学校を辞めるという決断をした春。

4月から私の代わりを務めてくれる、新しい新人さんが入ってきました。

新人と言っても30代後半の方、Nさんって言ってね、僕が専門学校を中退して春からどうしようかと思っていた時に、就職先を求人誌を切り取ってわざわざ紹介してくれた方なんだよね!

めっちゃ!面倒見が言い方だった!放送も上手い!僕が辞めるまで、1週間くらいだったかな、一緒にホームに立って仕事をしたよ(^ω^)

Nさんについては下記で記事にしているので、よければご覧ください。


【第19話 社会人になる前のお話し・夢のゴムタイヤ就職活動】

上の記事でも書いた通り、Nさんは元々、某社の駅員、車掌を経験されていて、古くは旧日本国有鉄道があった頃に国鉄でアルバイトをされていた方でした( *´艸`)

国鉄時代は大阪の某ターミナル駅でアルバイトをされていて朝ラッシュ時から昼間までプラットホームで立ち番、その後はおいしい定食屋さんで昼食を食べたそうな(^ω^)

Nさん「国鉄時代は1日中、ホームに立ち番が居たけど民営化されて今は朝ラッシュ時のみの駅が増えたね。」

なるほどなぁ~民営化されてJRになってからは朝ラッシュ時のみしかホームに居ない駅が多くありますよね。

ホームの無人化ですが、カーブのキツイ大阪環状線の桜ノ宮駅でも日中はホームは無人ですからね、民営化されたら真っ先に削られるのが人件費でありますが、車内や駅構内でトラブルが多い昨今、駅のホーム要員は必須だと私は考えています。

Nさん「国鉄時代は制服は正規職員と同じだったよ!」

いかにもアルバイトです!みたいな制服ではなかったんですね!

これ、関西在住ではない方には申し訳ないですが、JR西日本のアルバイトの駅員の方ってベースボールキャップにブルゾンのジャンパー、ズボンは社員と同じ?

社員さんとアルバイトさんでは帽子も服も違うんですよね、これは実際に見たことある方でないとわからない。

JR東日本はアルバイトの方も社員さんと同じでした(2008年の東京出張時に大井町駅で確認)

Nさんの国鉄時代の話は聞いていて面白いし、今は国鉄は民営化されて存在しない組織だからなおさら、当時の貴重な話が聞けてありがたい!

その中でも僕がNさんから聞いた話で印象に残っている話しと言えば、国鉄時代にNさんがホームの詰め所に居た時に、酔っ払いがホームの駅員さんを殴る事件があった。

それでその酔っ払いを駅員さん総出でホームの詰め所の中に連れて行って、酔っ払いに鉄拳制裁したっていう話しが一番好きです(^ω^)

いやいやいや!さすがはJNRだわ!!というか、昭和の時代って今よりも大雑把でそういうことをやってもあんまり問題にならなかった。

今やったら確実にTwitter等SNSで出回るし、マスコミが匂いを嗅ぎつけて大騒ぎになる。

ある意味、あの時代って、駅員が強かったし、今みたいにモンクレに頭下げる時代ではなかった。

良いこともあれば悪いこともある、でも今はモンクレが暴れまくって悪いことばかりだね。

駅を守る駅員が強く出れないのはおかしいよ。

私的に鉄道公安制度を復活してほしいな!

鉄道警察があるけどそれだけでは人員がとてもじゃないけど足りていない、民営化の時に鉄道公安制度は残しておくべきだったね。

そんなNさんの国鉄時代の思い出話をお送りしました!

彼とはそれっきり、会っていません!

それではまた次回!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢のゴムタイヤ

Author:夢のゴムタイヤ
好き→架空鉄道(妄想鉄)架空バス、貨物列車、Love Live! 、AZALEA、邪神ちゃんドロップキック、白い砂のアクアトープ、プリキュア

【通常記事は不定期更新】

【プリキュアの感想記事は日曜以降の夜に更新】