FC2ブログ

記事一覧

HUGっと!プリキュア第11話 感想

【私がなりたいプリキュア!響け!メロディーソード!】

野乃さん、第1話では、まだ、応援と言う言葉の意味の深さをあまり知らなくて、とにかくフレーフレー!!と言う感じで、そこから、ホームセンターの職業体験をしたり、輝木さんがスケートに復帰するまでの過程を経験したり、応援とは人それぞれ十人いれば十通りの仕方がある、ただ、がんばれって言うのが応援ではなくて、それが、第1話で思っていた自分と様々なことを経験して人から言われて気づいたからこそ、今の自分自身の行動に、過去の自分と比較してみると、はっきりと胸を張れなくなったんじゃないかなと。

応援と言っても、「がんばれ」「フレーフレー!!」と言葉だけで言われても、人によってはその応援が自信の負担になる事だってある。

それに気づいたからこそ、野乃さんは苦しかったんじゃないかな。

ただ、それが失敗したんじゃなくて、第1話から今まで経験したからこそ、理解した事でもあるし、それは成長と言ってもいいと思う。

野乃ママも言っていたけど、そう言う意味では野乃さんは大人になったんだろうね。

少し大人になった野乃さん、今週はしっかりと変身ができましたが、なにか、チャラリート係長がオシマイダーにされてしまい、暴れまくっていた時に、エールの元に仮面ライダーRXのリボルケインみたいなソードが出てきてですね、あれで思いきりぶった切るのかと思ってしまいましたが、そうじゃなかった。

チャラリート係長の心の痛みをわかってあげる、理解してあげる、人の痛みを笑わずわかってあげる、エール=野乃さんはええ子やなと思いました。

リボルケインみたいなソードでぶった切る展開も仮面ライダーRXを知っている者としては、見たいっちゃ見たいけど(おい)

別室送りはチャラリート係長の余裕を奪って精神的に追い詰められるほどのやばさ、あれやん!チャラリート係長、裁判でクライアス社を訴えたら、必ず勝てるレベルやん!!

たこ焼き屋のオヤジさんとのその後のエピソードがなかったのが、残念でしたが、今日のお話は野乃さんが大人になったこと、人の痛みをわかってあげられること、そう言う意味でよかったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

HUGっと!プリキュア 第11話「私がなりたいプリキュア!響け!メロディソード!」

はなちゃんを守るため、アスパワワを使い果たしちゃったはぐたん。 眠ったまま状態に、しょんぼりモードはなちゃん凹みまくり。 プリキュア出来ない発言まで飛び出して重症です。 ここはすみれママンの出番ですね! さすが親、素敵んぐな心のケア(^^) そしてさやほまの友情があったかい。 はなちゃんだいぶ復活♪ のびのびタワーにはぐたんを元気にするヒントあり。 行...

HUGっと!プリキュア テレ朝(4/15)#11

第11話 私がなりたいプリキュア!響け!メロディソード!はぐたんがアスパワワを使い果たして眠りについた。はなは自分のせいだと責めてしまう。何もないから、プリキュアも続けられないと落ち込んでしまう。そんな、はなを母親が優しくなだめてくれる、前向きに頑張れば 今より良い未来が待っているから。 登校するときも、さあや、ほまれが迎えに来てくれる。さあやははなに憧れた部分がたくさんある。元気...

HUGっと!プリキュア 第11話 私がなりたいプリキュア!響け!メロディソード!

先週、はぐさんに助けられた野乃さん。 寝込んでしまったはぐさんを見て、自責の念にかられる。。 もう、プリキュアできない。 もっと適切な子がほかにいるよ(大意) ほう、マグロ漁船に乗る覚悟なのか(そればっか ジョークはまあいいんですが、そういう辛い時に、野乃さんには実の母親がいるってのは大事なポイントかなと。 終盤に、野乃が「ママ」とはぐさんに呼ばれているのも印象...

プロフィール

夢のゴムタイヤ

Author:夢のゴムタイヤ
学生の頃は新聞配達とアルバイト駅員で生計、元 駅清掃係。
トイレ掃除と嘔吐物の処理はあさめし前。
電車、バス、架空鉄道、架空バス、鉄道模型(少しだけ)プリキュアシリーズ、ラブライブ!サンシャイン!!を応援。