fc2ブログ

記事一覧

第119話 直鉄にも支線的な路線が欲しいと言った、その後。

前に弊ブログの【第102話 直鉄線は滋賀県へ!?】と言う記事で直鉄にも支線的な路線が欲しい的な構想を練っていましたが、支線どころではなくなり、本線クラスへとなる路線を今、現在、作っています。

最初は支線にしようと思っていたらルートがね、長すぎたw

しかも駅が14駅もあって、これはもう支線とは言えないほどの大きさになってしまい、本線クラスへと昇格にw

今夏は青春18きっぷで名古屋へ行き、姫路へ行き、白浜へ行き、多くの日帰り旅行をしてきました。

色んなところへ行き、色んな路線に乗ってみたのは実に7年ぶり?いや、それ以上、こんなにあちこち、出かけられたのが前職に在職中にもなかったことかもしれません。

夏が去って秋になっても信楽高原鐵道へ気動車に乗りたくなり、それで信楽まで路線を乗り継いで行ったりして、そういう影響が自分の架空鉄道である直鉄にも反映して行こうと思いました。

一つ目は名古屋鉄道の運転本数の多さと、車両形式の多さ、様々な種類の電車が連結しながら運転している、そう言った姿がとても魅力的で面白いなと。

二つ目は単線を行く路線も魅力的だなと、これは紀勢本線で白浜へ行った時に感じたことです。

三つ目は、youtubeの動画を見ていて、CTC列車集中制御装置が入ってなくて、タブレット閉塞が活躍していて、駅員さんが出発合図を出して発車する、そう言う路線を作ってみたいなと思い始めました。

三つ目に関しては、実際に行って見た、乗ってみたではなくて、youtubeとかの動画で、非電化の久留里線や只見線のタブレット閉塞の動画を見ていて影響されました!

タブレットを交換して、出発合図を出して列車が発車していく、そう言う光景がね、直鉄でも見たいんですよw

直鉄は基本的に直鉄本線では一部区間が複々線化、その他の路線では複線の路線で、電化しており、非電化の路線で単線の路線は今までなかったんです。




今、作っている路線の停車駅案内図がこちら!

路線名とかはまだ決めていないのですが、滋賀県の信楽と大阪府の高槻市を結ぶ路線となっています。

現実の世界では米原から途中、貴生川、信楽を通って京田辺までを結ぶ、びわこ京阪奈線の計画があるようですね。

その路線の南側の信楽-京田辺間を直鉄の新路線として作っている途中です(あくまで架空鉄道のお話し)

ひょっとしたら今年最後のホームページの更新がこの路線関係で終わりそうな気もします。

ちょっと話がそれますが、今、現在(この記事を書いているのが2019年10月24日の午後20時54分過ぎ)JR各社の普通列車に乗り放題の青春18きっぷの秋版みたいな【秋の乗り放題パス】が発売されていますよね。

青春18きっぷとの違いは、秋の乗り放題パスは利用日数が3日間で、きっぷの使用開始日から連続して3日間が有効であって、一度きっぷを使ったら任意で日を選べない所がデメリット感を感じています。

3日間も連続は、それこそ日帰りをよくする自分の旅行スタイルには合っていないかなと思います。

任意の3日間だったらまた話が違ってくるのですが、もし、仮に次に青春18きっぷを使うとしたら、冬までお預けでしょうか。

ちょっとどころか大分と話がそれましたが、秋は鉄道の日を記念して鉄道会社が車庫の公開イベント等を実施している所があるので、そういうのに参加しつつ、あちこち旅をして、楽しかったら、自分の架空鉄道に取り入れて行きたいですw

今日はこんな所で、また次回!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢のゴムタイヤ

Author:夢のゴムタイヤ
好き→架空鉄道(妄想鉄)架空バス、貨物列車、Love Live! 、AZALEA、邪神ちゃんドロップキック、白い砂のアクアトープ、プリキュア

【通常記事は不定期更新】

【プリキュアの感想記事は日曜以降の夜に更新】